Catch notesのその後…ついに代替えアプリ発見か!

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

サービス終了したCatchnoteなんだが、クラウドや各種共有(SNSとかな)さえ考えなければ、というか、そんな機能は使わないので、なんの問題もなく使えていたんだ。しかし、最近iOS7にしてみたらコメント欄が編集できなくなっていた。(T▽T)

機能はしていて、使えるには使えるんだが編集しようとするとクリアされてしまう。
全く使えないわけでは無いんだが、かなり不安だ。いつまともに動かなくなるかわからない。
iOS7にしなければ良かったんだが、iPadは仕事用で最近では7じゃないと動ないヤツも多くなってきたし、ずーっと6のままってわけにも行かないもんな。
で、7.1にしたらもう戻せないし….仕事で使う会社支給のiPadで脱獄してんじゃねぇよって話だw
本当は戻したいんだけどな、かと言って、6のままでは具合も悪い。新型が出たとしても使えないじゃん。

仕方がないので代わりになりそうなものを探したよ。
もう一回、Springpadを使ってみたり(相変わらず重い)、タグの使えるメモノートの類いを片っ端から調べてみたけど、Catchnoteのように軽くて自由な感じのヤツは無い。
クラウド重視しすぎて複雑な構造だったり、重かったり、ただのメモなのにやけに立派な検索機能が付いてたり、タグがただの検索ワード保管箱だったり、どれも今イチ。

必要な事は、ハッシュタグをメモのどこでも好きなところへ入力できて、タグをタップする事で絞り込み(検索)できる事、メモにタイトルの概念がない事、写真ぐらいは貼れて重くない事、仕事で使うので有料でもOK、以上だ。
クラウドとかSNSの共有はどうでもよく、ノート分類や力テゴリとかも必要ない。
メモにタイトルやノートの使い分けなんて普通しないだろ?
テキトーに使えなければメモじゃない。その上でアイデアやその時に考えていた事がキーワードで繋がっているから紙のメモより優れている訳で、まずタイトルを決めてからメモするか?
めんどくさい。カテゴリや分類なんてメモる時にする事じゃないもん。

それに検索窓で全文検索なんて、バカバカしくてやってられない。そもそも人間の脳はそのような検索構造ではない。
ある事から別の事を急に思い出したり、全々関係の無い事を閃いたりするのが普通だと思う。
一般的な検索方法は、すでに思い出している事を確認するためにやっているわけで、それは辞書を引くのとあまり変わらない。
俺が求めているのはそう言う事ではないわけ。
そんな中、最も近いと思われたのが、Fetchnotes

FetchnotesはCatch notesからのデータコンバートにも対応していて、とても軽い。
メモる以外の機能はほぼ無し。タグの使い方もタップ絞込みが可能(ちょっと使いにくいけどな)。
悪くない。悪くはないんだ。
しかし、決定的にダメだったのが、アプりから写真が貼れない。(T▽T)
Webブラウザからは貼れるんだけどアプリからはダメ。
要するにiPadだけでは使えないのだ。これじゃ意味ない。

こりゃダメだなと思って、取り合えずCatchnotes使うしかないと諦めたんだが、溜め込んだメモや仕事上の覚え書き、アイデアの類いがある日突然使用不能になったらと思うと恐ろしい。
そこで色々考えた結果、思い切って自分用のwikiをつくる事にしたんだ。
Trunk Notes Personal Wiki こいつを使ってCatchnotesの中から大事な物をまとめていくことにした。
wikiなので、好きなワードで好きなようにLinkさせられる。
メモを整理するのは性格的にも、こう言うキッチリしたヤツの方が良い感じだ。

メモはメモ、整理してデータとして活用するのは別の方法(これは無理してやる必要ないしな)で
やる事で具合は良くなったが、結局の所、Catchnotesの代替えを探す必要が有る事に変わりはない。
コメント機能に不具合が出た以上、この先、他にも出てくる可能性は高く、修正される事も無い。

そんな状況でwikiの製作に精を出していた所、ついに代替えになりそうなiOSアプリを発見したんだ。 catchnotesの代わりになるかもしれないAgnes-NotesAgnes-Notes なんて読むのかな? アグネス?

こいつはタグの使い方が、Catchnotesとほぼ同じ(なので、データ移行はコピペでOK)、カテゴリや分類分けは無し、もちろんタイトルの概念もない。
メモの好きな所に、#〇〇で自動タグ。後はタグのタップで絞込み。
そして写真も貼れる。←カメラ起動がおかしいけど、ライブラリ取込みで問題なし、そのうち修正されるでしょ。
機能としては、これでほぼ全部。とても軽い。この潔さ、実に素晴らしい。

と言うことで、ついにCatchnotesに代るメモアプリを見つけられたっぽいと言う話。
Catchnotesのあの感じ、アレが忘れられない方にとりあえずおすすめしておく。

キングオブ外国 それがパタヤ

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

今年も社員旅行はパタヤだ。
何と言っても、キングオブ外国だからな。

ちなみにセントレアのラウンジは無線LANが完全Freeになっていたよ。
去年は違ったもんな。サービス向上は良い事だ。

今回は動物園みたいな所、クロコダイルファームって所に行ったぞ。
ゾウ ゾウ
ゾウは鼻息が凄いぞ、そして鼻水も大量に出る….
ゾウは檻に入っているわけでは無い。普通に居るので触ろうと思えばいくらでも触れる。
一段高くなっているところから出るなって言われているんだろうけど、出ようと思えばいつでも出られる。
アジア象はおとなしいとは言え、このサイズであるからして本気出した場合、おっさんが持っている棒じゃ太刀打ちできないよね。
一応、鎖で足をつながれているんだが、何もつながれていないヤツも居る。タイはおおらかで自由である。

ワニ キリン
文化部若手部員完全にビビる ホワイトタイガー
マジでびびりまくる文化部若手部員。
ちなみに、このデカいトラも檻の中に居るわけではなく、普通にすぐ目の前に居る。
一応、繫がれているし基本寝ているが、もしこのトラが本気出した場合は相当やばいと思う。
(ちなみに写真を撮る時は横に居るおっさんが棒で軽く叩いて起こす。当然トラは怒るw)
写真を撮っているヤツが本気出した場合、文化部若手部員は一瞬にしてあぼーんである。

こいつは白いライオンか?←こいつはライオンなのかな?

無人島バーベキューにも行ったね。
今年のお尻は若干イマイチなんだよ。ロシアかなぁ。とにかく、海でお尻を露出するのが好きな人種である。
たぶんロシア人のおねーちゃんのお尻 ケツを出したがる人種なのか
顔はアレなんでこの様に見るのがよろしいかと。スタイルは悪くない。
たぶんロシア人のおねーちゃん

おまけ これがロシアのボルシチ化現象、上の人も近い将来こうなる
ドムかと思う
三連巨大お尻。ドムかと思ったよね。遠くに露出お尻w

今年は今まで行っていないお店にも行ったんだ。
一発目(いつもの店な)がモデル並だったのは良かったんだが仕事が雑でな、俺、雑なの全然ダメなんだよ。
文化部本拠地 BIG C さばいでぃ
んで、文化部顧問として新しい所の開拓に一人で出掛けたわけ。
ハシゴになったわけで時間は現地で1時、日本の3時だ。
朝6時集合でパタヤにタ方到着、そのまま通しで翌日の朝3時って事だからな、マジ大変だよ。
ハニー2 パタヤ
遅すぎで期待薄だったんだが、ここで大当りを引く。(ギャンブル性の高い遊びなのだ)
大きな猫目に薄いアヒル口とでも表現しておこうかね。顧問として今年もビシっと決めたね。
わりと従業員教育が良く、値段も安いので個人的にはこっちをおすすめする。
と言う事で、GoGoのお気に入りを止めてまで、ここに有りバーツ全部突っ込んできましたぜ。

ちなみに、

GoGoのお気に入りは若い頃の秋吉久美子を5倍くらいハデにして、さらにヤンキー風にした感じ。
GoGoのお気に入り子は一年経っても相変わらずハデで良ったけど、ダブルヘッダーはさすがに二試合目が死ぬので諦めたよ。
そのくらい今年も文化部活動は充実していたって事だな。もう一週間ぐらい居られたらなぁと思うね。
参考画像:秋吉久美子
参考画像 秋吉久美子

来年もパタヤに行けると良いね。

自転車用サングラスノーズパッドのその後

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

セールの準備であまりにも忙しく、最近はさっぱり自転車で走ってない。
帰宅が12時過ぎちゃうとそれから着替えて準備してってのは、どうもめんどくさい。
一応、ストレッチとか腕立てとか家の中でできる程度のことはやっているが、だいぶたるんでるな。
このまま正月を迎えてしまうと、ここ何年か高齢になっている下の娘の自主トレに参加して動けるかどうかが不安である。
向こうは年々能力が上がっているというのに、こちらは下降線だからな。
セールが終わったら急いで仕上げないとまずいな。その後、社員旅行もあるし…
今年は仕上がるかどうか、ちょっと不安だなぁ。

と言う事で、ちょっと前に粘土細工で作ったノーズパッドの件だ。
自転車用サングラスノーズパッドVer.1
悪くなかったんだが、ゴムの部分がどうも美しくなかったのと上方向から力が掛った場合に強度不足(メットを上から押さえた時にサングラスにあたると壊れそう)なため、バージョン2を製作した。

自転車用サングラスノーズパッド3
Ver.1よりも全体的に大きく滑らかで鼻と広い面積であたるため、鼻にかかるストレスが減少。
フレーム側の厚みは1.5倍ほどになり強度アップ。
自転車用サングラスノーズパッド2
鼻側の厚さはVer.1とほぼ同じ。手前側に大きく張り出しサポート力はアップ。
形状は自分の鼻に合わせてあるためジャストフィット。
パテ(エポキシパテ 水中用)の特性上、汗などの水分に非常に強く、水洗いOK。ややたわむぐらいの柔らかさもある。
自転車用サングラスノーズパッド1
下から見たところ。形状と厚みが良くわかる。
Ver.2は鼻への圧力を減らし、滑らかさもアップしたためゴムパッドは必要なく、見た目も美しい。

ノーズパッドのバージョン2は非常に出来が良い。
しかし、真夏のクソ暑い時期をバージョン1で通過したため、本格的な汗だく運用に至っていない。
もう、かなり走り込んでも汗だくにはならないもんな。耐水性能は来年の夏まで発揮できずだ。

36才はいくらなんでも若すぎだ

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

20131119-015014.jpg

ヤンマガで食べれませんを連載している、風間やんわり氏が肝機能障害で亡くなられた。
ヤンマガは毎週買っているんだが、読むのは暇な時なので今、先週のを読んでて気が付いた。
なんて事だ、もう新しい食べれませんを読む事はできない。
にーのさんもシティハンターイン三沢も、もう新しい話は無いのだ。

原因は酒のようだが、マンガ家ってボロボロになって死んで行く人が結構居るとは言え、早すぎるよな。
大好きな物で死んじまえたなら悪くないのかもしれないが、早すぎるんだよ。
才能の有る人なんだから、講談社の担当者がもう少し注意するとか何か手はなかったのかと、大変残念に思う。

ヤンマガを買ぃ出したのは中学から高校の時あたりかなあ。ビーバップとかシャコタンブギとかぎゅわんぶらあ自己中心派とか懐かしいねぇ。
昔は週刊じゃあなかったんだよ。隔週刊w
バタアシ金魚の手拭いだかバンダナやビーバップのパンツセットやアキラのYanky Mate Zとか懸賞で当たったなあ。他にも色々当って貰った覚えがある。
発行部数が少なかったのか初期のヤンマガは本当によく当った。
ヤンマガ買い続けて30年か、音楽を聴くから演るに変って楽器に携わるようになったのとほぼ同じ期間。人生の多くを共に過ごしてきたと言う事になる。

食べれませんもそんなヤンマガの連載の中でも現役最長だったはず。
だったと、過去形となる事が本当に残念である。
風間やんわり氏のご冥福をお祈りして今日は終わりにする。

20131119-015006.jpg

深沢やすり店 素晴らしい道具をありがとうございました

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

先日、国体の観戦がてら深沢やすり店にヤスリをオーダーしたって書いたんだが、その後、ご主人から当初希望していた形状で4本作ると言う内容の手紙が来た。
俺としてはもちろんとてもありがたい事ではあるが、4本作って料金同じという事は深沢さんは恐らく大赤字だ。
どうしたものかと思案しつつも、数日実演に出るとの事ですぐには連絡できなかったんだよ。

この後、電話で直接お話をして、やはり4本同額で製作してくれるとの事で今回は深沢やすり店さんのご厚意に甘えることにした。
職人さんなので、やはり何かで火が付くとコスト以前の問題で納得がいく仕事じゃ無ければやらない的な事かもしれない。自分もたまにそういうときがあるし、実際、今回の仕事はコストは合わないが仕事自体は納得が行くみたいな事もたまにある。今回はそう思うことにした。

深沢ヤスリ店 オーダーメイドヤスリ

特殊な形状なうえに小さいンだが、その精度は高く、刃付けも素晴らしい。
これを手作りするとなると、ちょっと考えただけでも相当めんどくさい仕事である事は容易に想像できる。
深沢さん、ありがとうございました。

数日前に届いたんだが、実際に今日作業してみた。
で、先ほど終わったんだが、さすがに良く切れる。また、形状の精度も高く、使い勝手も良い。

これぞ、日本の職人の仕事である。
これまで25年以上にわたって1000を越えるくらいのナットを製作してきたんだが、俺も日本の職人として恥ずかしくない仕事をしていこうと、そんな気がする良くできた道具である。
深沢さん、ありがとうございました。素晴らしい出来栄えです。
今回正規の金額ではなかったので、次は正規の金額でベース用と、溝幅調整仕様のを頼もうと思っております。

とにかく良く壊れる俺のFCはクリスタルガイザーで無事帰還

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

相変わらずエンジンだけは調子の良い俺のFCなんだが、先日、ワイパーが止まらなくなった。
もうだいぶ前から、Ⅰポジション以外は全部Ⅱのスピードで動く状態ではあったが、停止させる事はできたので、走るのには関係ないし、まぁ良いかと思っていたんだが、ついにすべてのスイッチポジション(OFFでもな)で高速で動き続ける事に…
しばらく、ワイパーのヒューズを外す事で対処していたが、降ったり止んだりの中途半端な天気だとかなり面倒だし、ちょっとした雨でもワイパー全開(普通はめったに使わない高速モードだからな)はなんか恥ずかしい。
と言う事で、修理する事にしたわけ。

悪いのはスイッチなんだけど、ご存じの通り、ワイパーのスイッチはコンビネーションタイプの結構複雑な構造。
嫌な予感はあったんだが、高ぃ。五万以上するらしい。換算すると約5サバーイである。
文化部のパタヤ本拠地とも言えるサバイディー x5 ≦ FCのワイパースイッチ

走行に関係無く、雨が降らなければ使用しないワイパーのスイッチに5サバーイはアホらしい。
スイッチは他の場所に別のを付けてもらう事にした。
間欠もスピード調整も無いし、止まる位置も自動ではなくなるがヒューズを外すよりはだいぶ楽だ。
おかしな位置で止められるので、昔の車っぽい…と言うか昔の車かw

それだけだったら俺のFCでは良くある話で、どうって事はないんだが今日の本題は修理から戻って二日後、昨日の帰宅時の事だ。
ラジエターランプが時々点く、水を足してみたけどまだ時々点く、そのうちほぼ点灯で時々消えるになり、ボンネットの隙間からなんとなく湯気のようなものが時々出る。
見た目と臭いからしてオイル系ではなく水系だ。水って事はやっぱ冷却水。

こう言う時は家や会社が近ければ、そーっとなるべく惰性で目的地まで到達するか、遠ければあきらめて安全な場所で車を止める。
いずれにしても、湯気が出ている時点で水は流出しているので長くは走れない。
そのうち水温計が上り出すので、そうなってきたら(と言うかなる前に)安全な場所で車を止める。
家まで持たないと判断した俺は、家から1km程の地点で停車する事にした。

とは言え、今は深夜である。止めるにしても照明が必要だ。明るくて安全で、なおかつ深夜であるからして他所様に迷惑にならない場所まで惰性で進む。もう水温計はオーバーヒート寸前である。
エンジンを停止し、ボンネットを開けるとラジエターホースがエンジン側で抜けている。
こりゃダメだ。まだお湯の沸く音がしているので水はまだ残っている様だ。ギリセーフ。

しかし、そこら辺を手で触れる温度ではないので、ここからは落ち着いて行動する。
1.取り合えず冷ます。特にやれる事は無いので、テキトーに黄昏れてみたりする。
2.自販機かコンビニに水を買いに行く。ただの水が良いが、普通はミネラルウォーターだと思うので、できるだけナチュラルなヤツ(軟水系)にする。まぁ、硬水でも大丈夫だと思うけどなw
で、量は多めに(1L以上)買う、余ったら飲めば良いし多分余らない。今回は3本(1.5L)だ。
ラジエターにも入れるが、冷却用、火傷対策、作業中の水分補給と用途は広い。
3.外れたホースを触れるレベルになるまで待つ。水が豊富に有るならそれ使って冷やしても良い。
4.ホースをはめてバンドを締める。工具が無い場合は、ほぼお手上げなので1.の段階でJAF。
5.ラジエターキャップをそーっと開ける。おそらく、この頃には開けても大丈夫だと思うが、場合よっては熱湯が吹き出すので注意。そーっと回して、ヤバいと思ったらすぐ閉めろ。
6.ラジエターにさきほど買った水をそーっと入れる。今回はクリスタルガイザーだ。
クリスタルガイザー
飲料水で良いのかと思うかもしれないが、クーラント(ラジエター専用の水)は防錆と凍結対策がされているだけで基本は水だ。ずーっと飲料水じゃまずいが、家に帰るぐらいはまったく問題なし。
多分、この時入れた水が沸くので、吹き上りに注意。なお、少量なら良いがたくさん水を入れた場合は、修理の時にクーラントをちゃんと入れてもらえよ。
7.ラジエターキャップを閉めて、キーをエンジンスタート前まで回す。
8.水温計の表示が正常値なのを確認。いつもの位置付近ならOK。
9.異常が無さそうならエンジン始動、そーっと走って帰る。あくまで応急なので、とにかくそーっと走る。
10.家に着いたらクリスタルガイザーで帰還した旨をブログにアップする準備をする。

ちなみに原因はホースじゃ無くてエンジン側のパイプ。これが割れて冷却水が抜け出して、最後はホースごと抜けたと、そういうことのようだ。
材質がなんなのかな、これ。ちょっと金属っぽく無い。強化プラスチックみたいなヤツな。
こう言うの、古くなると脆くなってくるからなぁ。当然交換だ。

と言う事で、戻ってきたと思ったら即修理の俺のFCだ。エンジンだけは調子良いぞ。

 

国体観戦ついでにいろいろ

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

国体の観戦のために東京に来たわけだ。東京に来るのは結構久しぶり。
カミさんが友達と浅草で待ち合わせで、もんじゃ焼き食べて、その辺ブラブラして、船に乗ってお台場に行く(基本無計画)って事で、テキトーに付いて歩いて、公園の乗り場で出船を待っていたところ、東京大衆歌謡楽団の生演奏に遭遇。

いやー、これ良かったね。独特の雰囲気を持つ唄はサイコーだし、アコーディオンはメチャ上手い。
しばらく見入ってしまった。素晴らしいね。偶然であったが、これを生で見る事ができたのは運が良い。
東京大衆歌謡楽団 東京大衆歌謡楽団 唄 高島孝太郎 氏

んこみたいな巨大オブジェ トロピカルメロン トロメロと略されていた
「んこ」みたいな巨大オブジェとスカイツリー   船待ちの間にシブい喫茶店で飲んだトロピカルメロン

んこ、みたいな巨大オブジェは元々縦向きだったらしい。で、どう見ても「巨大んこ」ではないかって事で、横向きになったらしい。
本来は炎のイメージらしいが、色がなw サイズもサイズだし….設置する前に気がつくだろ、普通。

トロピカルメロンはトロメロと略されていたな。
ちなみにかき氷のメロンシロップを炭酸水で割っただけの飲み物である。
お花とパインが無ければ、かき氷シロップソーダ、情緒あふれる飲み物である。

この後、松本零士がデザインしたと言う船でお台場に行ったぞ。
松本零士デザインHIMIKO キャプテンハーロック コラボ ジェラート
暑かったんで、例によってアイス(ジェラートと言う食べ物らしい…アイスと何が違うのだ?)も食べたぞ。
お台場は、まあ普通だ。フジテレビの周りをやたら高級車が走っていたのを除けば、特筆するようなモンは何もなかったな。
道路が混みすぎでGT-R(現行のヤツな)がボーボー言ってるだけで徒歩の方がはるかに速いのには笑えたけどな。
何がおもしろくてあんな所に大勢の人がやってくるのか、良くわからない。
東京はのんびりできる所って無いんだなぁと思ったね。

味の素スタジアム
でかくて立派なスタジアム、とてもきれいだ。
味の素スタジアム
しかし、暑ぃ。10月なのにとにかく暑い。
でも、もう10月だからアイスやかき氷は売ってないんだよね。
暑いのには耐えるしかないようだ。
下の娘の100Hは予選の組み合わせがあまり良くなく、着順で決勝は絶望的だったんだが、ギリ、タイムで+2に入り決勝進出。
国体ではポイントによる総合争いが県別であるため、決勝に残れるかどうかは非常に重要なのだ。
決勝に残れないとポイントは0。総合争いに貢献できない。
静岡県の陸上勢は開催地の東京とトップ争いをする強豪県、優勝者も復数出ており決勝進出を逃すとかなり悲しい事になるわけ。
決勝はやっぱり8位だったけど、国体でリザルトを残せたら立派だよね。
2013国体 少年A女子100H決勝 2013国体 少年A女子100H決勝の表彰式
この決勝のおかげで大学の入学金とか免除になったし、親孝行な娘である。
同じ高校のチームメイトも実力通りの決走で400mで優勝したし、とりあえず良かったよ。

深沢ヤスリ店
ギターのナット構用のヤスリをオーダーするために、東上野にあるヤスリ屋さんに来た。
ここには日本に何人も居ない手作業でヤスリを作る職人が居る。
天気が良くて、ここからスカイツリーが良く見える。この近辺は小さな職人の店が数多く有る場所でいろいろとおもしろい。
やすり店に行く前にチト休憩って事で喫茶店で涼みがてらアイスコーヒーを飲んだりしたが、この辺は東京だけどのんびりしていてなかなか良いね。ゴチャゴチャはしているけど、時間はのんびりと流れている。悪くない。
深沢やすり店とスカイツリー 深沢やすり店の見た目
写真では軽く店主が見えているが、この店、これが奥行の全てである。
間口は見ての通りなので、要するに一人分のスペースしかない。すごく狭いと言うか、作業スペースのみである。
ここで代々受け継がれた匠の技術も受け継ぐ人が居ないそうである。寂しい限りである。
目的も無くブラブラしている若者諸君、弟子入りしてみたらどうか。職人ってのは良いぞ。

ここで、一本でギターの弦を全てまかなう、厚みが連続的に変るタイプのやすりを発注。
自分がイメージしていたのとは若干ちがうんだが、あちらも職人、やすりの製作には当然こだわりを持たれている。
サンプルも見せてもらい仕事の精度は間違いないし、刃の横部分のニュアンスは伝ったので一番細い所と太い所のサイズを指定するだけにして、後はお任せした。俺も職人だからね、その辺は納得した。
道具に俺の方が慣れて行けば問題無いと思われる。
意図的に厚みを変えてあるやすりのできあがりが楽しみである。
(加工精度が悪くて厚みが安定していない物はあるが、意図的に幅を変えてあるやすりは一般的には存在しない)

この後、帰るまでにはまだ時間があるって事で、すぐそこに見えているっぽいスカイツリーにでも行ってみるかって事になって、行ってみたんだよ。帰りの東京駅はここからそんなに離れてないしね。(基本無計画なのだ)

デカ杉遠くで見る分には良いが、下まで来てみたらデカすぎ。デカすぎて写真では伝わらないな。
で、エレベーターに乗るまでに約1時間並んでチケット買って、また並んで、ギュウギュウ詰めのエレベーターに乗ったら350m地点までたったの数十秒で到達。あまりにあっけない。
展望デッキは確かに高い。350mって言ったら東京タワーの一番高い所の先っちょの細い所よりもさらに高い。東京が一望できてシムシティのメガロポリスを見ているようだ。
なんか気持ち悪い色も変だし、ゴチャゴチャしてなんか気持ち悪い東京。どっち方面か知らない。
しかし、アレがないんだよ。望遠鏡。100円入れて覗くヤツな。
有ったのかもしれないけど、人が多すぎてそれどころじゃ無いよ。
さらに上の450m地点の所かな、天望回廊って所があるんだが、ここは別料金。¥1000である。
350m地点の天望デッキまでで、既に¥2000払っている。合計¥3000。
ちなみに浜松にある遊園地パルパルの一日フリーパスチケットは¥3900である。

高い、高すぎる。しかも、そこから先のエレベータも順番待ちがえらいことになってる。
そして、おそらくエレベーターもギュウギュウ詰めは間違いない。
そんなにめんどくさい事をして、あと100m上がる事に意味を見出せない。せっかく来からとか記念にとか、そういうこともどうでも良い。
と言う事で、あっさりあきらめて展望デッキを一周したら(正確には降りる場所を通り越して二周してしまったが)さっさと帰ったのである。(そもそも、ここは予定に入っていない。無計画なので行っても行かなくても関係ない)
俺たち夫婦はそういうところは非常にドライなのである。

このスカイツリー、帰りのエレベーターもギュウギュウ詰めであるからして、だいたい2時間強、混み混みかギュウギュウ詰めなのだ。
「おもてなし」なんてのが流行っているが、どこに行っても人だらけ。電車でどこでも行けるが、有名な所は基本ギュウギュウ詰め。
なんて所だ、東京。

 

Catch Notesのサービス、本当に終わっちゃったよ(T▽T)

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

Catch notesのサービスがついに終って、Webサイトにもアクセスできなくなったな。
なんと言うかな、サービス終了って悲しいな。(T_T)
CatchNotesサービス終了の図

先日、Springpadへの移行について書いたじゃん、ちゃんとした移行ツールがあって、割とちゃんとコンバートできるの。コメントも写真も全て正常に! 素晴らしい。
多少ね、問題もあったけど許容範囲。写真がサムネールと中サイズ、大サイズと一枚が三枚になるのはアレだったけどな。

でも、なんかSpringpadって違うんだよ。タグもコメントも使えるけど何か違う。
いろいろいじってみて、実際にメモもしてみたよ。でも、なんか違う。

まずね、メモにいちいちタイトルを付けるのが違和感がある。普段、メモを取る時にタイトルなんて付けないもんな。
それにメモ本体とタグが別になってる。Catch notesではタグは本文内の好きな所で使えて、リンクも自動て付くので、タグをクリックしながら簡単に移動や絞込みができる。
Springpadはその辺がキッチリしすぎて、不自由だ。
そして致命的だったのが、写真の表示の遅さ…..
特にCatch notesからコンバートされたのが厳しい。いつまでたっても表示されない。
また、コメント欄の表示もワンテンポ遅れて、なんか調子イマイチ。
Catchは写真を大中サムネに分けてローカル保存してるので表示は非常に速い。

「ローカル保存」そうなのだ、データは全部ローカルに保存されていたのだよ。
サービス終了しても使えるんじゃないかって思ってはいたんだけど、確信がなかったんでな。
したがって、サービス終了してもクラウドではないだけでiPad上だけなら今まで通りに使えるのだ。
俺は使いやすくて高速なメモアプリが必要なだけなので、クラウド機能が無くても致命的な問題ではない。もっと言えば、某SNSへの投稿やノートの共有とかも必要ないわけ。
どうしてもWeb上やPC上のデータを添付したい時はGoodReaderみたいなヤツでOpenInしたら良いわけでさほど困らないし、共有だとか、各種サービスとの連携は他にいくらでもあるしな。
純粋に便利なメモが欲しいだけなのだ。

問題はバックアップだ。今までのように同期すれば良いだけとは行かない。大問題。
かなり困ったが、良く考えてみたらiPad自体は毎日バックアップされているわけだし、それで良いかと。アップルがつぶれない限り、Catchのデータが消滅することは無い様な気がする。
それにiPadの中身をMacから見る事ができるのも有る。これでCatchを丸ごとコピーしておけば、なんとなく安心。

と言うことで、俺はこれからもCatch notesをローカルな軽量メモアプリとして使い続ける事に決めたよ。

Catch Notesのサービス終了で代替アプリや移行の方法を考える、で、現状良い方法

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

先日、Catch Noteのサービス終了のアナウンスがあった事は書いたんだが、代替えアプリに良いのが無く、かなり困っていたんだ。
9月になってもCatchのデータがそのままiPadに残る(残らなかったらお終いだ)なら、クラウドノートではなくスタンドアロンでも使うのか、その場合バックアップはどうするのか、はたまたEvernoteで新アカウントを使って移行するのか、その他の環境に移るのか、選択肢は多いんだがどれも決め手に欠ける。
Evernoteは色々と優秀だがチョイメモには重すぎるし、データのインポートはできるものの、タグは反映されないし、写真等も取り込まれなかったので具合は相当悪い。
他にも似たようなサービスは有るけどCatchの様な軽快感と機能、操作性を持つアプリと言うか環境は選べるほどはないのだ。
テキストのみなら結構有るんだが画像を張れてコメントが後から付けられるヤツは殆ど無いのが現状である。
それくらいCatchNotesは優れたクラウドノートだったわけ。思いきって有料サービスにしてみたらどうだったのか、もしくは大手に売り込むとか、存続への努力をもう少しやってくれても良かったと思うよね。(まぁ、やったけどダメだったんだろうけど)

で、実際にいろいろと試したんだけど、最も近かったのが「Springpad」と言うやつ。
タグの扱いがCatchNoteの様な適当感(悪い事じゃなくテキトーにあっちこっちに飛べるのが◎)は無いが、写真OK、コメントOKで変に重くもなく行けそうな気がする。
SNS的な要素が強く、コレは必要無い(自分用メモにSNSって必要なのか?)けど何かに使えるかもしれないし、要らなきゃ使わなければ良いかなと。
しかもね、Springpadって、ちゃんと移行TOOLが用意されているんだよ。←ココ ポイント

CatchNotesのデータがそのまま全部Springpadに取り込めるわけ。
タグはもちろん、コメントも写真も全て正常にインポートされる。スゲー!!

何でこれを大々的に宣伝しないのかと非常に不思議に思っている。
いろいろ調べたけど、こんなに完全な移行ツールがあるって事は見かけていないんだよね。

手順としては、
CatchNoteからAll Dataでエクスポート
Springpadで右上の顔のマークからメニュー内のSettingを選択
左側メニュー内のServicesを選択
下の方にCatch Importが有るのでStart Importをクリック
エクスポートしたデータを選択してアップロード
Catch notes 終了ということで代替(乗り換え、移行)サービス(アプリ)を探してみた
後は終るのを待ち、Return to Springpadでめでたくインポート完了だ。
CatchNoteのサービス終了で代替アプリや移行

SpringpadがCatch Notesより優れているとは思ってないので全ての人におすすめするわけではないが、ほぼ完全(データの作り方によっては少々修正が要るかもしれないが)なデータ移行が出来るのであれば選択肢としてはかなり有力であろうと思われる。
Catch Notes難民の方、悪い選択では無いと思うぞ。

祝 国体出場

コメントする場合は投稿タイトルをクリックして単独記事表示の一番下からな

と、言うことで国体出場が決まったぞ。
もう言わなくてもわかると思うが、俺じゃなくて下の娘だ。
さすがに国体には少々鍛えたぐらいのオッサンは出場できない。当たり前だ。

今年は東京なので(と言っても調布だけどな)交通と宿泊に関しては全く問題ない。メシも大丈夫だ。
山口の時は全部が心配だったからな( ̄Д ̄)ノ

味の素スタジアム(写真がだいぶ加工されているっぽい)
味の素スタジアム
場所は東京って言っても調布市だな。元々、東京スタジアムって名称なぐらいで、約5万人収容の立派な事このうえないスタジアムだ。
普段は陸上トラックに人工芝が敷いてあって、一面緑のスタジアムらしいがトラックが露出したらスゲー立派な陸上競技場だ。

今回も決勝に残って静岡県の総合ポイントに貢献できると良いな。